2017年04月10日

お花見

ishibashisakura.jpg

ダナエに近い 石橋屋さん しだれ桜が素敵ですよ〜

毎年此方の桜を楽しみにしてます 春を告げて下さる♪

ダナエにも春が来て 嫁さんが喋々の様に舞ってま〜す (*^o^*)
posted by Danae at 17:21| 宮城 | ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボンジュールパリーー!

IMG_1484.JPGIMG_1485.JPGIMG_1480.JPG






今日は移動日です、パリに着きました!
サン・ラザール駅の後ろ側にホテルをとったので日曜日だから空いてるカフェへ飛び込みましたが、非常に美味しい!
リュイナールのグラス13€って安いと思うのですが。
異様になみなみと注いでくれるし!
‥ギャラリーラファイエットの周りは凄い数の中国人で埋め尽くされている。
まるで中国人が貸切しているような‥
posted by Danae at 05:43| 宮城 ☀| ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

シャス・スプリーン!

IMG_1458.JPGIMG_1460.JPGIMG_1462.JPGIMG_1461.JPGIMG_1464.JPGIMG_1465.JPGIMG_1468.JPGIMG_1470.JPGIMG_1473.JPGIMG_1476.JPGIMG_1477.JPGIMG_1471.JPGIMG_1467.JPG













おはようございます!8日はワケあってギリギリ、一軒訪問、シャトー・シャス・スプリーンです。ボルドー・サンジャック駅から電車で1時間、目の前の席で切符買わないで乗ってきた男性が怒られてる笑、ムーリス・リストラック駅に到着。この電車がノスタルジーを感じさせて子供のときに乗った、東北本線とくに小牛田〜石越間を思い出した。機械を買い替える文化とは違って、メンテナンスを行って永く利用する技術は日本は見習わなきゃいけない部分だと思う。‥‥すぐ近くにシャトー・モーカイユ、両わきに続くブドウ畑眺めながら南に進むとシャトー・プジョー、さらにその奥にあるのがシャトー・シャス・スプリーン。駅から徒歩で10分くらいで行ける距離なので公共機関を使ったワイン巡りにはオススメだと思います!
この日は多くのシャトーがアポなしでも開放してくれる日なのでプジョーもシャス・スプリーンも引っ切り無しにお客様がいらしてました。
デギュスタシオンはシャス・スプリーンが06,09,11年、オラトワールが08年、エリタージュ11年、ブラン13年、グルシエ・ド・シャトープジョー05,11,15年と幅広いラインナップ。
しかしこの暑い中歩いて説明受けて、たどり着いた試飲なのでなんだかんだで冷えてる白が染み渡った。
99年のシャス・スプリーンを購入、思い出に残る1本になりそうです〈65€〉
このような田舎町に人々がこぞって集まり作り手と直接会話をしてワインを選んで帰る、このプロセスをしに世界各国からお客様が押し寄せる。目の当たりにすると驚きを隠せずに、勉強になりました!
posted by Danae at 12:58| 宮城 🌁| ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

大ちゃんのフランス旅行記 フリータイム

IMG_1440.JPGIMG_1441.JPGIMG_1442.JPGIMG_1443.JPGIMG_1444.JPGIMG_1445.JPGIMG_1446.JPGIMG_1451.JPGIMG_1452.JPGIMG_1453.JPGIMG_1454.JPG




今日は何も予定のない日!やっとボルドーの街を散策できます!
まず、昨年できましたワインの遊園地、のようなシテ ドゥ ヴァン〈cité du vin 〉に。老若男女、ワインの入門からプロまで楽しめる施設というコンセプトで作られてるようです。なにかの形に似てるなと思っていたらデカンタの形なんですね!産地の話、歴史の話、アロマと色合いの鑑賞の仕方からサービスの仕方まで。一回りするとやはりワインが飲みたくなるのですが入場料20Euroにワインが一杯ついているというから、なんとも気の利いた企画だなと。8階の展望施設に移動してソーテルヌを一杯いただきました。天井にボトルのモニュメント、素敵!買い物をして少し時間があったのでミュゼ ド ボザール〈ボザール美術館〉でドラクロワなどを鑑賞。
ビールが冷えた頃に部屋に戻り、今夜はボルドー産のホワイトアスパラだぜ!

そろそろ方向音痴を認めなきゃいけないのか、毎回道を間違えてなかなかホテルに着かないのです。
今日は一回だけ間違えてたどり着きました笑
posted by Danae at 03:22| 宮城 ☁| ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

大ちゃんのフランス旅行記 オマケ

IMG_1406.JPGIMG_1410.JPGIMG_1408.JPGIMG_1409.JPGIMG_1412.JPGIMG_1415.JPGIMG_1419.JPGIMG_1425.JPGIMG_1428.JPGIMG_1431.JPG




超有名シャトー前でパシャリ!
posted by Danae at 04:16| 宮城 | ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ちゃんのフランス旅行記 CHプリューレ・リシーヌ訪問

IMG_1432.JPGIMG_1433.JPGIMG_1436.JPGIMG_1437.JPGIMG_1438.JPG




マルゴー村に移動。フランス国内で消費されるという、プリューレ・リシーヌの白ワイン!年間4000本しか生産できないならしょうがないですよね。
次のヴィンテージからは5500本までせいさんできそうよっ!と言われましてもまだまだ少ないですよね〜
ソーヴィニヨンブラン70%、セミヨン30%のセパージュだそう。蜂蜜漬けにしたレモン、グレープフルーツの身の部分、ミントのアフター、
このワイン美味しいんです!
posted by Danae at 04:09| 宮城 | ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ちゃんのフランス旅行記 CHラトゥール・カルネ訪問2

IMG_1394.JPGIMG_1395.JPGIMG_1397.JPGIMG_1398.JPGIMG_1400.JPGIMG_1401.JPGIMG_1403.JPGさぁ、デギュスタシオンです!
レ・ドゥーブ・ドゥ・ラトゥール・カルネの98年とCHラトゥール・カルネ2014です。
レドゥーブ・ドゥ・ラトゥール・カルネ、ものすごくパフォーマンスがあります。カシスリキュール、干したプラム、湿った土の香り。融和されたタンニンと酸はとても滑らかでキメが細かい。
うー、このワイン使いたい!
説明してくれたカミーユとパシャリ。
それから温暖化の影響でメルロー種はだんだん育てられなくなるかもということで画像のような暖かい地域のブドウを試験的に植え始めて様子をみるとのこと。
posted by Danae at 03:44| 宮城 | ダナエより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
   
  ―*―*―*― Information ―*―*―*―  
 

●店名: Danae
●住所: 〒984-0065
宮城県仙台市若林区土樋280
●交通: 愛宕上杉通り〜
愛宕大橋手前を左折〜
旧4号線2つめ交差点先、
三つ目交差点直前
地下鉄愛宕橋駅下車徒歩3分
石垣町バス停前
●TEL: 022-267-5580(18:00〜25:00)
●営業: ランチ 火〜土(12:00〜14:00)
ディナー 月〜土
(18:00〜01:00)
●定休日:

日曜日




― 今日ここにある幸せ ―


light.jpg
 


Danaeの窓 ある日の午後...ランチのあとのDanaeです。
写真をクリックすると店内を360度ぐるっと見ることが出来ます。


右下の「-」「+」で引き・寄りの調節ができます。
(少し引いたあたりがオススメです)